【院代ブログ】明善寺の月忌参りをはじめて(天野至)

「ホームページみているけど、お知らせばかりですね」このような意見をよく聞くようになりましたので、住職をはじめ、院代など関係者を巻き込み、今更ながら【ブログ】をはじめることとしました。まずは本年四月から院代として明善寺の法務を行う天野至師(福岡教区)にお願いしました。 今回のブログの内容は、私が月忌参りを始めて、感じたことを述べさせて頂きます。まず、私のような若輩者を院代として優しく迎えてくださった明善寺住職、ご門徒の皆様には大変感謝しております。院代としてはや5ヶ月が経とうとしていますが、1番私が感じる事は、月参りというのはご門徒さんとの大切な接点だということです。浄土真宗では、お勤めというのは亡き方のためにあげるのではなく、お念仏のみ教えに遇わせていただくことが何よりも大切にしております。そういった仏縁に出遇うためにもご門徒さんとの何気ない世間話が私は大切だと感じるようになりました。教えはぬくもりをもった人から人へ伝わっていくといいます。私は僧籍を持ち、法を説く方の立場と思われますが、何気ない年配の方のお言葉から、み教えをいただいていると感じることが多々あります。そのような何気ない会話を楽しみにお参りに伺いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

続きを読む

【住職ブログ】明善寺盂蘭盆会、無事におつとめいたしました。

8月16日、おかげさまで、明善寺盂蘭盆会を2座(1回目:8時~8時30分/2回目 9時30分~10時)無事に執り行うことができました。(本当にコロナの影響がなかったかは、2週間経たないとわからないですが、いまのところは無事のようです。)門徒総代長のご指示のもと、消毒や換気などできる限りのコロナ対策を行い、門徒さんを受け入れることができました。いつもの密集した法要と違い、ゆったりとした間隔でのお勤めに違和感を覚えられた方もいるでしょう。また、今回のように時間を選べるのは良かったという声も聞かれました。コロナによって従前の法要スタイルにとらわれることなく、新たな試みを行えたのは良い機会でした。秋のお彼岸もどのように勤めていくか、盂蘭盆会の経験を基に考えていきたいと思います。

続きを読む

【住職ブログ】明日の明善寺盂蘭盆会にぜひご参拝ください。

コロナと暑さに悩まされながら、何とか8/15までのお盆参りを終えることができました。マスクをしながら炎天下の中、バイクでの移動は体力的にしんどいものの、例年通りのお盆参りができたことはとても有難く思いました。快く受け入れてくださった門徒の皆様に感謝です。事情により今年のお参りを見送られた方のお宅にも、安心して伺う日が来るのを切に念じています。 そして、いよいよ明日は盂蘭盆会。盆参り後はひたすらその準備でした。 今年はコロナウイルス対策として、10分程度のお勤めと住職挨拶のみ。(別修初盆法要あり)計30分以内の盂蘭盆会を8時~8時30分。9時30分~10時と2回行います。 コロナウイルス対策もしっかりしてます!皆さまのお参りをお待ちしております。 【明善寺8/15 夕事勤行】https://us02web.zoom.us/rec/share/1cBvPa_o-W9IWaPByHuGYLY4J6W9aaa8g3Qe_aZYxE_NciGvpOSEXYL0PjfCfLrw(Access Password: 1#*#M5pB) <消毒液、マスクを用意しました> <席数はいつもの半分以下です><換気のために総代長が扇風機を用意してくださいました> <皆様のご参拝をお待ちしております>

続きを読む