【改訂】新型コロナウイルス感染拡大に伴う明善寺の対応について(お知らせ)

明善寺門徒の皆さま                              平素より明善寺の護持発展にご協力賜り、厚く御礼申しあげます。さて、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、明善寺に於いてもガイドラインを作成し、これまで月忌参りの休止や遠足などの行事を中止するなどの策を講じてまいりましたが、5/21京都を含む関西地方の緊急事態宣言が解除されました。「コロナウイルス感染拡大の第二波」が懸念されます中、すべて従来通りとはいきませんが、緊急事態宣言解除の報を受けまして、明善寺のコロナウイルスに対するガイドラインを以下の通り、一部緩和したいと思います。【月忌参り・お盆参り】月忌参りは6月から再開いたします。お盆参りも例年通り執り行う予定です。ただし、僧侶も感染防止を継続するため、マスク着用にてお勤めさせていただきます。いまだコロナウイルス感染をご心配される門徒様は、遠慮なくお申し付けください。コロナウイルスによる休止期間同様、明善寺本堂にて、住職ひとりによる故人様の月忌参り・お盆参りのお勤めを行うなど相談させていただきます。 【年回法要について】年回法要につきましては、多人数でのお勤めが多く「3密」になりやすことから、しばらく、緊急事態宣言期間と同様に下記の通り執り行わせていただきます。また、新たに「オンライン年回法要」を開始する運びとなりました。下記ご参照ください。<法要・行事を行う際の考え方>行政に於いては、感染拡大を防ぐため、3密(さんみつ)の重なる場は徹底して避けるよう呼びかけています。…

続きを読む

【住職ブログ】 コロナウイルス対応「年回(法事)の仮勤め」

新型コロナウイルス感染拡大が社会問題となって、約3ヶ月ほど経過しました。強いストレスを抱えて日常を過ごしておられることと思います。一刻も早い収束を心より願うばかりであります。 明善寺においても、先に本HPにてお知らせの通り、年回などのコロナ対応についてガイドラインを定めてお勤めしております。http://blog.myouzen-ji.com/article/474555231.htmlそのコロナ対応の一つで、年回の「仮勤め」のお申し込みが早速にありました。 「仮勤め」とは、年回法要を延期する場合、年回をつとめる予定だった日(故人命日等)に住職ひとりが明善寺本堂でお勤めをすることです。故人の法名軸を掲げて執り行い、仮勤めの参拝記念品を門徒様宅へ郵送いたします。 ※門徒の皆様の月参りにつきましても、明善寺本堂にてお参りしております。 【仮勤めの様子】明善寺本堂において、故人法名軸を掲げて住職ひとりでのお勤め 【住職焼香】 コロナウイルスの収束時期が読めず、年回延期の日をいつ設定できるかわからないので、今後も希望される方も多くなると予想しています。余談ですが、年回延期を検討する門徒さんに「仮勤め」を説明したところ「なるほど。野球や相撲の無観客試合みたいなものですね」とすぐに納得いただけました。スポーツ界のおかげで説明しやすい土壌ができているようです。 ただ、仮勤めはあくまで本勤めを行う前の法要と位置づけています。多くのご親戚が集まられ、共に故人を偲び「本勤め」のお勤めができる…

続きを読む