【住職ブログ】明善寺秋季彼岸会へようこそお参りくださいました。

昨日9月22日、可能な限りのコロナ対策を行い、2座にわたる明善寺秋季彼岸会(1回目:11時〜11時30分 /2回目:14時〜14時30分)を無事に執り行うことができました。普段の彼岸会は午後2時からのお勤めですが、はじめて午前11時から執り行いました。すると午後2時よりも多くの方が参拝され、お寺になじみのない方のお顔も見ることができました。普段よりお勤めも短く、法話もない約30分の短縮日程で行う法要に抵抗がありましたが、お勤めできたことは本当に良かったと思います。コロナによって従前の法要スタイルにとらわれることなく、新たな試みを行えたのは良い機会でした。住職挨拶の折に、彼岸に出された本願寺ポスターのことばを紹介しました。 テレビドラマ「半沢直樹」のセリフがきっかけとなって、いま「恩」という言葉が注目されています。前作は「やられたらやり返す、倍返しだ」だったのに、かなり趣向がかわったのでしょうか。(ドラマを見ていないのでわからないです・・・)「恩情」という語に表されるように、「恩」とは、恵みや情けのことで、他の人から恵みや情けを受けることをいいます。世知辛い世の中にあって、いいことばですよね。このご恩という文字、仏教では、より深い意味があります。まず「恩」を心に深く感じ大切に思うことが,仏道修行の要素であると説くのです。ポスター解説によると漢字の「恩」は「因」と「心」からなります。因を尋ねる心です。私たちが今こうあるのは、突然の出来事ではなく、さまざまな原因が重なり合い、あらゆるものに支えられ…

続きを読む

【院代ブログ】休日の過ごし方(岩見法順)

新型コロナウイルスの影響で、以前のような日常が送れなくなって久しくなりました。休日も「ステイホーム」で過ごすことが多くなりましたが、私にはひとつ休日のたのしみがあります。私は自動車の免許を高校卒業時に取得しています。ですから、休日に時間がありますと、ドライブに行くことがあります。マイカーでさっそうとでかけることができればカッコいいのですが・・・残念ながら私はクルマを持っていません。いつの日か自分のクルマを持てればと思いますが、それまではレンタカーのお世話になるつもりです。駐車代や車検などの維持費もかからず、必要な時だけ利用できるのでとても便利です。今は新型コロナウイルスの影響もあり、あまり人のいない場所を選び、例えば山や川などの自然を満喫できるところへ出かけることが多くなりました。コロナ以前は大阪や京都の繁華街に友だちと買い物や散策に行ったり、ラーメン店巡りをしたりするのが楽しみでした。いつの日か、気兼ねなくどこにでもドライブに行ける、コロナ前の生活に戻れることを願っています。

続きを読む

【お知らせ】9/22秋季彼岸会・永代経法要のお知らせ

秋季彼岸会・永代経法要について(ご案内)ご門徒の皆様には平素より明善寺の護持発展にご尽力賜り、誠にありがとうございます。さてこのたび、新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、盂蘭盆会同様に3密を避けるべく本年は2回に分けて執り行うことといたしました。つきましては、ご都合の良い時間帯の方にご参拝いただきます様お願いいたします。(日 時)9月22日(火・秋分の日)【第一回】午前11時~【第二回】午後2時~(場 所)明善寺本堂 京都市中京区堀川通竹屋町東入<特記事項>※3密を避けるため2回に分けてお勤めします。いずれかご都合の良い方にご参拝ください。※体調のすぐれない方、37.5度以上の熱のある方は申し訳ありませんが参拝をご遠慮ください。 また参拝にはマスク着用のご協力をお願いします。(お持ちでない方は本堂にて配布いたします)※今回、ご法話はありません。所用時間は一回の法要で約30分間です。(法要中の入退出は自由です。)※第1回、第2回ともに秋季彼岸会の後、永代経法要をそれぞれお勤めいたします。明善寺住職辻本 順爾

続きを読む